MENU
創業以来28年、“音楽をつむいで夢を届けつづける” 音楽プロデュース会社

baj

菊地英二

INFORMATION

最新情報はオフィシャルHPをご覧ください。

■菊地英二 OFFICIAL WEBSITE
http://www.eiji-kikuchi.com/
■THE YELLOW MONKEY OFFICIAL WEBSITE
http://theyellowmonkeysuper.jp/
PROFILE
NAME
菊地英二
BIRTH
1967.6.6
BIRTH PLACE
TOKYO
BLOOD THPE
O
HEIGHT
176㎝
INSTRUMENTS
DRUMS
FIELDS
CONCERT / RECORDING
BIOGRAPHY
  • 東京都八王子市に生まれる。
  • 中学2年の時にハード・ロックに出会い、コージー・パウエルに憧れドラムを始める。
  • 1986年にKILLER MAYのドラマーとしてメジャーデビュー。
  • 1989年に解散し同年THE YELLOW MONKEYのドラマーとして活動を開始。
  • 1992年5月、日本コロムビア・TRIADレーベルよりデビュー。
  • 1995年には、5thアルバム『FOUR SEASONS』がオリコン・チャート1位を記録する。以降も、シングル『JAM』『LOVE LOVE SHOW』『BURN』『球根』や、アルバム『SICKS』『PUNCH DRANKARD』などの作品をリリース。高いセールスを記録する。ライヴ活動も精力的に行い、1998年から1999年にかけては、ホール72本、アリーナ41本、計113本のツアーを1年がかりで行い、延べ55万人を動員する。
  • 2001年1月8日東京ドームでのライヴを終えTHE YELLOW MONKEYは活動を休止。2004年解散。インディーズ盤を含め、10枚のアルバムと24枚のシングルをリリースした。
  • 2004年からは河村隆一、吉川晃司、Tamaなど様々なアーティストのレコーディングやライヴに参加するほか、和太鼓奏者のレナード衛藤氏や、ギタリスト足立‘YOU’祐二氏とのセッションワークなど、様々な活動を行う。
  • 2008年7月にはANCHANG(SEX MACHINEGUNS)、NATCHIN(ex.SIAM SHADE)とBIG BITESを結成。2013年までにMINI ALBUMやALBUMをリリースし、数多くの全国ツアーも行った。
  • 2016年1月 THE YELLOW MONKEYとして15年ぶりの再集結を果たす。
    5月11日より全国11箇所22公演にわたるアリーナツアー「THE YELLOW MONKEY SUPER JAPAN TOUR 2016」を行う。夏には「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」、「SUMMER SONIC」へ出演し、福島と熊本で復興支援コンサートを行い、10月にシングル『砂の塔』をリリース。
    11月からは、全国16カ所を巡るホールツアー「THE YELLOW MONKEY SUPER JAPAN TOUR 2016 -SUBJECTIVE LATE SHOW-」を行い、12月28日には日本武道館で「THE YELLOW MONKEY SUPER メカラ ウロコ・27」を行い、12月31日に「第67回 NHK紅白歌合戦」初出場を果たし、「COUNTDOWN JAPAN 16/17」へも出演した。
  • 2017年5月THE YELLOW MONKEYの新録ベストアルバム『THE YELLOW MONKEY IS HERE. NEW BEST』リリースし、『ZIGGY STARDUST』(9月13日配信リリース)、『Stars』(10月27日配信)、『Horizon』(11月29日配信)と3ヶ月連続配信リリースを行った。11月にはドキュメンタリーフィルム「オトトキ」が全国ロードショーとなり、12月に東京ドーム2DAYS「THE YELLOW MONKEY SUPER BIG EGG 2017」開催し、同月28日に「THE YELLOWMONKEY SUPER メカラ ウロコ・28 -九州SPECIAL-」も開催。
  • 2019年4月17日にTHE YELLOW MONKEYとして19年ぶりとなる9thアルバム『9999』を発表。全27公演のアリーナツアー「THE YELLOW MONKEY SUPER JAPAN TOUR 2019 –GRATEFUL SPOONFUL-」を行う。
    11月16日、「第61回 輝く!日本レコード大賞」にて、「9999」が最優秀アルバム賞を受賞。
    12月28 日のナゴヤドーム公演を皮切りに、キャリア最大規模となるドームツアー「THE YELLOW MONKEY 30th Anniversary DOME TOUR」を開催。
WORKS

CONCERT&Tour Support

2015年
レナード衛藤
2013年
ももいろクローバーZ(CX 僕らの音楽)、AKB48(第3回AKB紅白対抗歌合戦)
2012年
レナード衛藤、渋沢葉
2011年
レナード衛藤
2010年
Tama、レナード衛藤
2009年
河村隆一、レナード衛藤
2008年
Tama、レナード衛藤
2007年
河村隆一、Tama、レナード衛藤
2006年
Tama、レナード衛藤
2005年
河村隆一、吉川晃司

RECORDING

2019年
YOU (足立祐二)『ANDROMEDIA』
2011年
レナード衛藤『Power of Blendrums』
2008年
Tama『!SHOUT!』
Tama『!LOUD!』
2007年
Tama『Natural Born』
レナード衛藤『Blendrums』吉川晃司『TARZAN』
2005年
DAIGO☆STARDUST『SUPER JOY』
DAIGO☆STARDUST『SCAPEGOAT』
1998年
三国義貴『KIRIHITO -霧人-』